アリイン・アリシン  

アリイン・アリシン(alliin ; allicin)

アリインは、ニンニク、ネギ、ラッキョウ、タマネギなどに含まれる硫化アリルの一種で、独特の辛味と香りを出す成分です。

アリインをすりおろしたり、切ったりすると、アリイナーゼという酵素の作用でアリシンに変化します。アリシンに変化すると臭いと刺激性が強くなり、胃の働きを促進させます(過剰にとると胃を荒らしてしまいます)

アリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンになり、ビタミンB1の効率を上げますので、新陳代謝が高まり疲労回復やストレスの解消の役に立ちます。

強力な殺菌作用、酸化防止作用でガンの予防、白血球に関与して免疫力を高める効果もあります。

スポンサーリンク







Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.