コハク酸  

コハク酸(succinic acid)

 

コハク酸は、貝類に含まれる有機酸で、とくにハマグリやシジミなど二枚貝に多く含まれています。酸味、苦味、塩味、などが相まった旨味があり、加工食品に利用されています。

有機酸は全般的にエネルギー代謝に関与する作用があり、疲労回復などの効能があるとされていますが、コハク酸の場合、昔は琥珀から抽出したものがリウマチの薬などに使われてもいました。現在は主に「うまみを得るための成分」として利用されています。コハク酸ナトリウムがそうです。たとえば「シジミエキス」などの一部として加えられていて、それ以外でも多くの加工食品に使われています。

スポンサーリンク







Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.