ククルビタシン  

ククルビタシン(cucurbitacin)

 

ククルビタシンは、キュウリ、メロン、スイカなどウリ科の植物の皮やヘタの部分に含まれる成分です。通常はそれほど苦くありませんが、ゴーヤなどのように強烈な苦味をもつケースもあり、苦味成分の一つだとみられています。

ククルビタシンにもいくつかの種類がありますが、全般的に抗酸化作用が強く、また、夏野菜のウリにふさわしく、食欲を増進させるといわれています。
ククルビタシンCは、とくに強力な抗酸化作用があり、加えてがん細胞を壊す抗癌作用も注目されています。

スポンサーリンク







Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.