カフェイン  

カフェイン(caffeine)

カフェインはコーヒーに含まれる苦味の成分で、アルカロイドの一種です。コーヒーのほか、お茶、コーラ、ココア、チョコレートなどにも含まれています。

中枢神経を刺激する作用があり、目覚まし・気分高揚・区分転換に効果があり、脂肪酸増加作用による体脂肪の燃焼促進、胃液の分泌促進などの効果もあります。利尿作用もよく知られるところです。

しかし、脳神経に作用する成分ですから副作用というか中毒に近い症状が出ることも分かっています。摂取量や常用には注意が必要です。
また、カフェインは交感神経を興奮させますから食欲を低下させます。コーヒーを食後に飲む習慣はそのためです。









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.