クロロゲン酸  

クロロゲン酸(chlorogenic acid)

クロロゲン酸は、コーヒー酸(カフェイン酸)から発生し、タンニンと似た作用をする、コーヒー豆などに含まれるポリフェノールの一種です。

コーヒーの複雑な味(渋みや酸味など)の因子のひとつであり、抗酸化作用や血糖抑制作用があるとされています。
コーヒーには糖尿病を予防する効果があるといわれますが、その理由の一つがクロロゲン酸です。









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.