ケルセチン  

ケルセチン(quercetin)

ケルセチン(クェルセチン、クエルセチン)は、タマネギ、ソバ、柑橘類などに含まれる黄色から茶褐色の色素成分で、フラボノイドの一種。

昔から染料として利用され、何らかの薬理効果もあると信じられてきたもので、実際に炎症を抑制する作用があることが分かっています。今もケルセチンの抗菌作用その他の薬理効果が研究され続けているようです。
抗酸化作用も強力で、動脈硬化予防やガン抑制に役に立つと考えられています。









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.