「健康食」と「不健康」のMöbius loop  

「健康食」と「不健康」のMöbius loop

【起】

小っちゃい頃ね、十円玉を何枚か握りしめて駄菓子屋へ行ったもんです。舌がオレンジ色や真っ赤になるような得体の知れない菓子を買うんです。甘いですから、喜んで口に入れて頬張るわけ。

何のことはない、サッカリンとタール色素を舐めてるだけの事ですな。オカシイと思い始めたのは10代の後半頃からです。

その頃はアメリカさんから来た「ジャンクフード」なるものが胎動。
爆発的に広がる片鱗を見せていた時期です。思った通り広がるどころではなく日本の若者のライフスタイルになりましたが。

友達が自然にそれを生活に取り入れる。
けどおいらは「ジャンクフード」なるものをたまらなく胡散臭く感じていました。

 

「例の駄菓子にタンパク質や炭水化物を加えただけ」
そういうふうに思っていたのです。

そんなおりに和食の世界へ就職。
びっくり仰天させられます。

「砂糖の異常な使い方」
本当に驚きました。

何故だ。
「酒とミリンで充分甘みはつくし、それでも美味いじゃねえか」
「そもそも材料が甘い。だから塩だけでも旨いはずだろう」

その後砂糖については色々考え続けました。
問題は砂糖に「依存性」があることで、砂糖自体はあまり問題ではない。
依存性ゆえに味覚が麻痺していく。
結果として使用量に歯止めがなくなる。

すべては【量】の問題なんですよ。
食はすべて「量」なんです。


以下は、健康(食&サプリ&医療)も結局「量」の問題だという話です。

【承】

最近は高齢になっても老けない人が多いと言われます。
しかし「見かけ」は健康で若々しくとも内部はそうでもないってことは確実。
ハリウッドの大女優などを見ておると分かりますな。

「美しさを保つには年齢的限界があり、かつ100歳までは生きられない」
それはもう明らかでしょう。
億単位の金を美容や健康に使用できるスーパーセレブでもそうなんです。

一般人が「健康」だ「美容」だとヒステリックになるのは愚の骨頂。
そういうことでしょう。

前世紀に生まれて90、100歳の長寿を全うした人達は現代人の「健康ブーム「とはまったく縁がない。タバコもプカプカ、酒も続けていた人が多い。サプリも「健康食」も興味なし。それでも長生きした。

何故か。
その理由は色々複合的なもんでしょうが、はっきりと言えるのは【「ジャンク」を含む現代食を成長期に食べていない】からでしょうな。(最大の理由は《自然淘汰に勝利した個体だから》でしょうけども、これはあまり深く書くべきではない)

もうひとつ。
長寿者は「無理に若作りする気が全然ない」ってこと。
自然体、つまりストレスを抱えないってわけです。
ジジイ・ババアで大いにけっこうってなもんでしょう。
まあ今の人達と正反対だと思えばよいですな。


ジャンクフードについては色々云われてますが、
また一つ気になるニュースが出ました。

ジャンクフードは精子を損傷する、米研究
2011年10月23日 19:53 発信地:米国

ジャンクフードを食べ過ぎると、健康な若い男性の生殖能力が危険にさらされるとの研究を、米ハーバード大が発表した。特に、揚げ物や加工食品などのトランス脂肪の多い食品を食べる人が最も危険にさらされているという。
 研究は、ハーバード大とスペインのムルシア大学の研究員が実施。18~22歳の男性数百人に、食べたものを数か月間記録するよう求めた。

 英大衆紙サンによると、研究チームが食事日記と精子の関係を調べたところ、クッキーやケーキ、チョコレート、ポテトチップ、フライ料理、それに加工食品を多く食べている男性は、健康な食生活の男性と比較して、精子の品質が低いことがわかった。
AFPBB News


【転】

人間は理性的で合理的な生き物。
そう表向きは言われますが、実は「直感的」な部分が大きい。

砂糖の塊やジャンクを食べつつ、直感的に危険を悟っています。
その結果が「健康ブーム」なんですよ。
ジャンクと健康ブームの年代グラフの線は間違いなく重なるはずです。

「現代病の増加」が食に起因することを本能的に知っている。
だが「食欲」と「便利な習慣」を手放す気はない。その選択肢はゼロ。

そうすると、とるべき道はひとつ。
「健康依存症候群」ですな。

健康に良さそうなもの、健康を維持できそうなもの。
それらに片っ端から手を出す。
オカルト健康法、禁煙に禁酒、医療、そしてサプリです。

ところが、2011年11月16日号の『ニューズウィーク日本版』特集記事 カラダに悪い先端医療 によりますと。

最新の研究ではサプリ摂取がプラスよりマイナスになっている可能性が高い。
さらには最先端医療は「病人を創りだしているケースが多い」

ビタミンCやビタミンEは不要なばかりか、過剰に摂ると発癌率を高めるそうな。
ヤレヤレですな。
どうすりゃいいんだか。

【結】

何をどうしてもヒトは病む時は病むんです。
逃れようがない。寿命からもね。
どんなに眼の色を変えても80歳にもなりゃ衰える。

【存在自体が病気】
それが人間なんですよ。
それを教えているのがおそらく『癌』でしょうな。

癌は生命の進化と何か深いつながりがある。
生きている事そのものと切り離せない宿命があるようです。
おそらく徹底解明は不可能でしょう。

人間が「生きること」と癌は表裏一体の関係だと思います。
その境界線は非常に不思議な構造をしてるはずです。
浸透膜とも違う。
例えるならクラインの壺とか「メビウスの輪」でしょうか。

なにやら人の理解を超えた境界。
それは非常に複雑精緻なバランスを保っている。

そのバランスを破壊するスイッチ。
それがあるのではないか。
その癌の「スイッチ」に触れているのもの。
それが「現代食」だとおいらは信じています。




器のサイト。未完成ですがそろそろ公開しておきます。
自分が思う「完成」って奴は終わりがないって意味ですんで、それ待ってたらアナタ、死ぬまで完成しませんや(笑) 
  頭が働き、体が動く間は「休めない」ってことでしょう。そんな気質を持った人間には「完成=死」に他ならない。完璧なんざこの世にはありません。
「時間の使い方」は知っておるつもりで、フル活用したんですが結構難儀をしました。何時間も座ってる暇はないし、頭悪いですからね、なにしろオイラは。でも時間が足りないわりには短期間で形になったと思います。書きかけの項目は今後ボチボチ埋めて行きます。何かの役に立てば幸いです、

和食器の基本


2011年11月17日

Comment









Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.