【動画】サンマのさばき方速攻篇  

サンマの腹骨を手早く切り取る包丁の使い方

 

先日サンマを早くおろす方法を書いた サンマのさばき方裏技編 の記事で動画が変換できずアップできないと愚痴たれましたが、調べましたところ割と簡単に成功いたしました。なにしろ携帯の古い奴で撮ったんで無理だと思ったんですが、流石はネットですなぁ、コーデックとかのソフトを二つばかり頂戴しましたらあっさり移動できました。ありがたいもんですなソフト配布して下さるサイトさんは。感謝します。

まずは通常のさんまガンバラ取りはこうです。

次は手早く秋刀魚ガンバラをすく方法。

これはね、ガンバラの中骨側は固定されてなくて「浮いている」状態を利用したものです。

下側のガンバラ骨はハラモに食い込んで固定されてますね、ですから下側だけを切ります。そこを切ればガンバラは完全に浮きますので、少し押さえるだけでめくり取れる訳です。

皮目を切る時に少し力を加減するのがコツ。

ではゆっくりやってみますので、じっくり御覧下さい。

魚を扱う仕事の方は多分大勢おられる事でしょうし、その中には大量のサンマを捌かなければいけない人も必ずいるはずです。大きな回転寿司とか忙しい鮮魚店とかね。

週末に売り上げが一日百万超える店は結構ありますけども、そんな店ではアジやサンマも10キロ単位でしょう。のんびり仕込みに時間はかけられません。

このさばき方を憶えれば大幅な時間短縮になります。もしお役に立てましたら幸いな事だと思います。

*基本のさばき方がまだまだの人は、いきなりこのさばき方をやってはいけません。ここに貼った動画は少々乱暴な扱いに見えます。手早くやろうとすればどうしてもそう見えてしまいますが、「速さの中に基本あり」です。最初から「崩し」を憶えてしまえばロクな事にはなりません。しっかり基本をマスターしてから。それが自分の為になると思います。

2008/07/22

Comment
スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.